愛に言葉なんていくらあっても足りない

日本も北海道あたりはすでにこんな雪景色かしら。

ニセコのフワッフワの雪が恋しいです。


ちょっと前に、日本人の友人がこっちに遊びに来ていた。
彼女はなんでも近頃バリ人の男の子とちょっぴりいい感じだったとかなんとかで。

私は東南アジアの男性とデートしたことは人生で1度もないのだが、中にはいますよね、東南アジア人が好きな日本人女性。

あ、いや決して馬鹿にする意味ではないです。
実際真面目に付き合って結婚されてる方も結構いますしね。

てか東南アジア男性とかざっくり言っちゃったけど、同じバリ人でも百人百様で色んな人がいるし、本質的には人種なんか関係ないし。

ただバリに日本人女性1人でいると、決まって変なバリニーズ男性も寄ってくるじゃないですか。笑

んでそういうタイプの人は、決まって言うんですよ。
「君と僕とは良いビジネスパートナーになれると思うし、なんなら結婚すれば君は大好きなバリに住めて最高じゃないか」みたいなことを。


いやいやいやちょっと待て。
私はバリは好きだが、1度もバリニーズ男性が好きなんて言ってねえしオマエのことも好きじゃねえ。

…っていうことがよく起きますよね。
(もちろんそんなバリニーズ男性ばっかじゃないんだろうけど。)

んでそーいう人ってさ、「お金持ちと結婚したいなら、日本人女なんかよりアメリカ人とかオーストラリア人狙えば?日本なんてもう経済破綻する寸前だし、結婚してもいいことないよ。」(テキトー)

とか言うと、「欧米人なんて気が強すぎてムリだ!!日本人女性が僕は好きなんだよ、それに金のために君と結婚したいわけじゃなくて、僕はシンプルな最低限の暮らしができればそれでいいんだ…」とか言い出す始末で。

日本人女性にどんな夢を抱いてるんだ一体。

なんか勝手に「日本人女性は大人しくて慎ましくて真面目」みたいなイメージ抱いてるバリ野郎は多いのだが、

私なんて東京で甘やかされて育ったクッソワガママなシティガールだから、慎ましい最低限の暮らしなんて絶対したくないし割とラグジュアリーに生きていたいしとにかくそれ私じゃないってば。

と白目をむかされることが、ここにいると多々ある。

(背中がクッソ逞しいシティガール)

でもまあ彼らがそういうイメージを抱いちゃうのは、実際に簡単に手なづけられる日本人女子も少なからずいるからなんだろうなーと思う。

特に英語もインドネシア語も流暢でない日本人の子とか、なんか頼りなく簡単にコントロールできそうに見えちゃうのはわからなくもない。

あとまあ、本気でインドネシアの男性と結婚できる感覚を持ってる日本人女性って、絶対ラグジュアリーな都会の暮らしとか求めるタイプじゃないですからね。

そういう女性を多く見てる彼らにとっては「日本人女=大人しくて扱いやすい人」なんだろうなー。


別にインドネシアの方に限らずよく思うのだけど、英語のネイティブじゃない外国人同士の恋愛って、本当はものすごくものすごく成立しにくいと思うんですよ。

私自身も若い頃に経験あるけど、アレってどちらも相当英語が流暢か、どっちかの母国語を流暢に話せるとかじゃないとかなり難しいと思う。

たまにそういうカタコト同士のカップル見かけるけど、その状態で関係を続けていくって結構気が遠くなる話だと思いませんか。

「それでもフィーリングで分かりあえてるから」

と言っても、それはセックスがそう感じさせてるだけで実際は相手のことなんて分かってるようで全然分かってないんだよな。

体の関係というのは、そういう現実的な理性をすっ飛ばさせてしまうくらいのパワーを時に持っているので恋愛経験が少ない人は突然その落とし穴にハマりがち。

たかが言葉なんてと思いたいけど、人間関係において言葉ってものすごく重要。
我々現代人の場合は特に。

子供の頃から言葉を使って言葉に左右されながら言葉で人と繋がっているのに、そこにセックスが介入した途端、言葉を使わなくてもその後の関係が構築できるなんて都合の良い話はないのです。

やっぱり私達は永遠に言葉で相手のことを理解するし、自分の複雑な気持ちを伝えるし、愛に言葉なんていくらあっても足りないのだ。

どんなにフィーリングが合ってても、言葉で深い話ができない相手と末永く一緒にいるなんて結構な地獄だもの。

言葉の通じない相手との国際恋愛なんて、その後一生かけて相手の言葉をネイティブレベルに習得するくらいの気概がないと続けていけねえよなあと私は思う。

実際結婚してうまくいっている方々は、そこまでしてでもその相手じゃなきゃダメな何かがあるのでしょうね。

てかそのくらいの特別な気持ちがないと、敢えてその相手を選ぶ理由がないもの。



「いいかオマエら、愛に言葉はいくらあっても足りねえんだ。」


と気軽に口説いてくるバリニーズ男性に言ってやりたいが、
まあ言ってもキョトンとされるだけかもね。